環境方針

環境管理の国際規格
「ISO-14001」認証への取組み

シンテックホズミは、地球環境をより良くするために、自社の環境負荷の低減はもとより、 環境に優しい製品開発の推進など、自動車関連企業としての使命を認識し、積極的に地球環境の保全を図り、 明るい未来に向けて努力しております。

環境方針
2003年3月 認証取得
2006年11月 新社屋へ移転の為、認証返上
2007年8月 新社屋(新サイト)で認証取得
2018年7月 改定
審査登録証: JP18/071530
適用規格: ISO14001:2015

基本理念

環境問題が人類共通の重要課題であることを深く認識し継続性のある発展のため、 株式会社シンテックホズミは「広く社会に貢献する」ことを基本姿勢として 地球環境および地域の保全に向けて積極的に企業活動を推進します。

基本方針

株式会社シンテックホズミは環境に関する法規制および要求事項を順守すると共に トヨタ自動車関連企業の一員としてトヨタ地球環境憲章に則り自動車製造ラインの設備設計、 製造から自動車の各種整備用マニュアル、メディアデータ加工等の生産活動において 本質的な環境マネジメントを実施します。

1.環境保全活動を体系的効果的に実施していくために
  ISO14001に準じた環境マネジメントシステム(EMS)を構築します。
  このEMSは定期的に見直しをし継続的改善に努めます。
2.地球規模、および地域の環境課題を踏まえた環境保護に努めます。
  汚染の予防を通じて有害な環境影響を防止します。
  新商品の開発、生産方式の変更時には環境への影響をアセスメントする。
3.以下の事項を重点取組み課題として具体的な目的・目標を設定します。
  1)地球温暖化防止のため、省資源・省エネルギーの取組み
  2)PRTR法対象物質(環境汚染物質)の使用量の維持管理
  3)廃棄物低減のため、省資源、リサイクルの取組み
  4)環境に配慮した製品の開発
  5)地域とのコミュニケーションおよび地域環境美化活動の推進
  6)環境負荷物質の社外流出防止の取組み
  7)働き方改革を軸とした、本質的環境マネジメントの推進


制 定 2002年4月16日
改 訂 2019年4月1日

株式会社シンテックホズミ
代表取締役社長 加藤 久視

ページの先頭に戻る