小さくても、キラリと光る企業

株式会社シンテックホズミは日本の本格的なモータリゼーションの到来とほぼ時を同じくして起業した保寿美工業と神光マイクロの2社が時を経て合併し、約半世紀に渡り自動車の開発から生産、販売、サービスの多角的な領域で様々な事業を通してお客様の「もの造り」へ貢献して参りました。

吉村和彦

今、世界経済がボーダーレスのオープンイノベーションへと加速していく中で、シンテックホズミは自らが創造する新たなSHブランドを進化させ「次世代のもの造りステージ」へ提供する様々な挑戦に取組み中です。約半世紀に渡り培ってきた自動車製造における量産設備製作のノウハウは、デジタルシミュレーション技術の進化に伴い、より多様化可能な技術として、更に高品質で効率的なもの造りとして成長を続けております。一方でお客様に安心してお使い頂く為の、自動車の整備マニュアルや各種ツール開発等も「もの造りのDNA」の機能的融合により、次世代型の整備機器や検査ユニットへ変化し、より高品質な作業を支えるサービスツールへと飛躍を始めています。

吉村和彦

更に、この様に社内で培われた多くの技術的シーズは新たに超小型物流機器AGVを産み出し確実な進化を続けております。私達は今後も大切な市場ニーズと社内シーズから画期的な品質とスピードでお客様に喜んで頂けるもの(商品・事業)を創造し、SHブランドとして提供を続けていき広く社会に還元し貢献していく事が使命であると考えます。

代表取締役 吉村和彦 Yoshimura Kazuhiko

吉村和彦
ページの先頭に戻る